プレスリリース 2008年03月04日

報道関係各位

平成20年03月04日
ソーバル株式会社
プレスリリースダウンロード

ソーバルが、物流管理向けに「ICタグ物流情報収集キット」を発売

RFID機器に関する専門知識を持たずして、容易にRFタグを使ったシステム開発を実現

ソーバル株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:推津順一)は、RFID機器に関する専門知識を持たずして、容易にRFタグを使ったシステム開発を実現できる「ICタグ物流情報収集キット」を販売致します。物流システムベンダー様、物流管理パッケージベンダー様向けに、5月中旬発売開始予定。

本キットにより、ベンダー様は、エンドユーザからRFタグを使ったシステム開発の要望を受けた際に、既存の上位システムやパッケージソフトを、容易にRFタグ対応のシステムに変更することが可能となります。

「ICタグ物流情報収集キット」の主な機能

  1. RFIDリーダ・ライタを制御し、RFタグの履歴情報を、データベースに蓄積
  2. 管理対象とRFタグとのひも付け機能
  3. 蓄積したデータを閲覧する簡易ビューア機能
  4. マスタ情報(担当者・商品・作業等)の登録・メンテナンス機能
  5. ひも付け、マスタ登録にて外部マスタ情報からの取り込み機能
  6. HF帯、UHF帯と周波数を限定することなく、使用することが可能

本キットは、物流管理以外にも、レンタル品管理や稟議書の閲覧管理にも適応可能です。

キット構成

  1. リーダ・ライタマネージャ
  2. ひも付けアプリケーション
  3. トレースビューア
  4. ICタグマネージャ
  5. 構成品登録アプリケーション
  6. データ照会アプリケーション

※本キットは、上記ソフトウエアのみの構成となっており、PCやリーダ・ライタ、サーバなどのハードウエアや、データベースソフトウエアは含まれておりません。本キットは、ライセンス販売となり、リーダ・ライタマネージャのインストール毎に1ライセンスの料金が発生いたします。別途、保守サービスもご用意しております。

ICタグ物流情報収集キットの流れ

関連するサービスについて

「RFID技術支援サービス」

ソーバル株式会社は、RFID機器の開発経験を元に、導入前、導入中、導入後にエンドユーザから要求される、RFIDハードウエアの足回りの技術支援のサービスも行っております。「ICタグ物流情報収集キット」と本サービスをご利用いただくことにより、エンドユーザへのより充実したサービスの提供にご活用ください。

ICタグ2008に出展いたします。

2008年3月4日~7日に東京ビッグサイトにて開催される「ICタグ2008」に出展いたします。
「ICタグ物流情報収集キット」などのRFIDシステムをはじめ、弊社のHF帯/UHF帯組込RFIDモジュール製品やRFタグリーダ・ライタ製品を展示しております。この機会に是非ソーバルブースへお立ち寄りください。

ソーバル株式会社について

「ユビキタス社会を支える無線通信」をキーワードに、RFIDシステムを初めとしたワイヤレスソリューション事業を展開しております。ここでは当社の持つ高い技術力をベースに、RFID技術をはじめとする無線通信技術に関する独自製品の開発やサービスの提供、次世代技術の研究開発を行なっています。このほかにもコンシューマ向けデジタル家電製品の組み込みソフトウエアおよび関連ソフトウエアの開発を行っております。

お問合せ先

一般の方からのお問合せ先

ソーバル株式会社

※受付時間:平日 9:00~17:00 (土日祝休み)

報道関係の方からのお問合せ先

ソーバル株式会社 広報チーム 担当:舊橋

  • 03-6409-6138
  • 03-6409-6151(FAX)

※受付時間:平日 9:00~17:00 (土日祝休み)

ご質問の内容によっては回答を差し上げるのにお時間をいただくことや、回答できかねる場合もございますのでご了承ください。