プレスリリース 2009年09月17日

報道関係各位

平成21年09月17日
ソーバル株式会社
プレスリリースダウンロード

ソーバルが、ICタグを活用した介護施設向け『見守り介護支援パッケージ』を発売

特殊な機器を身に付けることなく介護施設入居者の行動を把握

ソーバル株式会社(本社:大田区下丸子 代表取締役社長 推津順一)は、マット型アンテナとICタグを貼り付けたシューズにより、介護施設入居者の行動を把握できる『見守り介護支援パッケージ』を10月1日より販売を開始いたします。価格はオープン。

本パッケージにより、介護職員の不足が深刻化する介護施設において、入居者の位置情報の通知、行動軌跡の把握が可能となり、入居者がより安心して暮らせる環境の実現を支援いたします。

ICタグは日常用品であるシューズに貼り付けるため、介護施設入居者は特別な機器を身に付ける必要がなく、ストレスを感じることがありません。また、マット型アンテナは、つまずきに考慮した薄型構造となっており、玄関やトイレ・浴室入り口、エレベータの前等、様々な場所に設置可能です。

本パッケージは、産学共同研究(文部科学省知的クラスター創成事業による「アウェアホーム実現のためのアウェア技術開発研究」)の成果を活用しています。

「見守り介護支援パッケージ」の主な機能

  1. マット型アンテナでシューズ等に貼り付けたIC タグを感知。個人の位置情報を把握します。
  2. 「誰が」「いつ」「どこを」通ったのか履歴を残すことができます。施設内の移動軌跡や日々の運動量をグラフ表示します。
  3. トイレの回数や施設内移動量の変化等、生活状況の変化を数値的に把握できます。

運用時の機器構成例

機器構成イメージ図

パッケージ構成

  1. RFID リーダ × 3式
  2. マット型アンテナ × 3式
  3. AC アダプタ × 3式
  4. IC タグ × 40枚
  5. 見守り介護支援アプリケーション × 1式

第36 回国際福祉機器展H.C.R 2009 に出展いたします。

2009年9月29日~10月1日に東京ビックサイトにて開催される「第36回国際福祉機器展H.C.R 2009」に出展いたします。「見守り介護支援パッケージ」を展示致しますので、マット型アンテナによるICタグ付きシューズの感知状況を実際に体験いただけます。

この機会に是非ソーバルブースにお立ち寄りください。(ソーバル株式会社ブース番号:5-12-16)

ソーバルのRFIDソリューションについて

ソーバル株式会社では、システムのエンドユーザー、システムベンダー向けに、RFIDを活用したシステム構築支援、機器メーカー向けに各種機器へのRFID機能の組込支援を提供しております。

システムアプリケーションの提供から、ご利用環境に最適なICタグの提供までワンストップでご支援が可能です。

お問合せ先

一般の方からのお問合せ先

ソーバル株式会社

※受付時間:平日 9:00~17:00 (土日祝休み)

報道関係の方からのお問合せ先

ソーバル株式会社 広報チーム 担当:舊橋

  • 03-6409-6138
  • 03-6409-6151(FAX)

※受付時間:平日 9:00~17:00 (土日祝休み)

ご質問の内容によっては回答を差し上げるのにお時間をいただくことや、回答できかねる場合もございますのでご了承ください。