プレスリリース 2009年11月04日

報道関係各位

平成21年11月04日
ソーバル株式会社
プレスリリースダウンロード

ソーバルが、5種類のI/Fに対応した卓上型RFIDリーダ・ライタを発売

設置のための免許及び登録が不要で気軽に導入可能

ソーバル株式会社(本社:大田区下丸子 代表取締役社長 推津順一、以下ソーバル)は、UHF帯RFIDリーダ・ライタ「UP-10」の受注を11月5日より開始いたします。本体価格は148,000円(税別)です。

「UP-10」は旧機種「URW-P1」と比べ、ホストインターフェース、および伝送速度について機能を拡張いたしました。特に対応可能なホストインターフェースは、旧機種のUSBから、新たに4種類のホストインターフェースを追加しました。これによりユーザーの使用目的や環境に合わせて、柔軟に機能の選択ができるようになります。またUSBのみ実装し、USBバスパワーでの電源供給に対応した製品もございます。

標準付属のRFタグ発行・確認アプリケーションに加え、開発者向け評価キットでは、プロトコル仕様書、開発用ライブラリなどをパッケージ化し、各種検証・開発をすぐに行うことが可能です。

「UP-10」仕様概要

型名 UP-10
対応タグ通信規格 EPC Class1Gen2 / ISO18000-6C
周波数 952~955MHz
RF送信出力 10mW(max) 5~10dBm 1dB単位で設定
伝送速度 40/80/160kbps
チャネル選択機能 固定チャネル指定、周波数ホッピング
アンテナ偏波 注文時に直線偏波、または円偏波を指定
ホスト
インターフェース
マルチ USB2.0、RS-232C、Ethernet(10/100BASE)※1、Bluetooth®2.0+EDR※2、無線LAN※1※2
USB USB2.0
電源供給 マルチ DC+5V(ACアダプタ)
USB USBバスパワー5V
外形寸法(W×D×H) 140×110×35mm(突起物除く)
付属品 USBケーブル、ACアダプタ※3、サンプルRFタグ、CD-ROM、保証書
付属CD-ROM
収録内容
UP-10取扱説明書、セットアップガイド、RFタグ発行・確認ソフト「ICタグライタUP」および取扱説明書、リーダ・ライタアップデートツールおよび取扱説明書、USBドライバ
対応OS Microsoft® Windows® XP SP2, Microsoft® Windows® Vista
法規制 日本電波法施工規則第2条第1項第8号
適合規格 ARIB STD-T90、RoHS

※1 Ethernet(10/100BASE)と無線LANの共存不可
※2 Bluetooth®、無線LAN対応品は受注生産
※3 USB版の場合、ACアダプタは付属品に含まれません

製品画像

UP-10

製品の特徴

  • 5種類のホストインターフェースに対応※1※2
  • 特定小電力無線局対応機器のため、設置のための免許及び登録が不要で気軽に導入可能
  • 実用的なICタグ発行ソフトウエア同梱で、タグ発行専用機としての利用も可能

※1 Ethernet(10/100BASE)と無線LANの共存不可
※2 Bluetooth®、無線LAN対応品は受注生産

「UP-10」開発者向け評価キット 「UP-10 DK」構成品

UP-10標準同梱品および、リーダ・ライタプロトコル(UP版)仕様書、開発用ライブラリ(DLL)「UP API」および仕様書

ソーバルのRFIDソリューションについて

ソーバル株式会社では、システムのエンドユーザー、システムベンダー向けに、RFIDを活用したシステム構築支援、機器メーカー向けに各種機器へのRFID機能の組込支援を提供しております。

システムアプリケーションの提供から、ご利用環境に最適なRFタグの提供までワンストップでご支援が可能です。

お問合せ先

一般の方からのお問合せ先

ソーバル株式会社

※受付時間:平日 9:00~17:00 (土日祝休み)

報道関係の方からのお問合せ先

ソーバル株式会社 広報チーム 担当:舊橋

  • 03-6409-6138
  • 03-6409-6151(FAX)

※受付時間:平日 9:00~17:00 (土日祝休み)

ご質問の内容によっては回答を差し上げるのにお時間をいただくことや、回答できかねる場合もございますのでご了承ください。