品質評価

品質評価

ソーバルは、創業以来メーカー企業様との30年以上に及ぶお取引を通じ、品質保証の厳しさを学んで参りました。

条件や予算に応じた適切なテスト戦略の立案から、欠陥の早期発見によるコスト低減、テストプロセスによる質の高い品質評価を提供いたします。

品質評価対応分野・受注実績

業務系システム

  • 官公庁システム評価
  • 放送局システム評価
  • 保険Webシステム評価

モバイル端末系アプリ

  • Android, iOS端末でのWebシステム評価
  • Android, iOS端末用アプリケーション評価

組込み製品

  • プリンタファーム評価
  • デジタル一眼レフカメラファーム評価
  • デジタルビデオカメラファーム評価

デジタル製品アプリケーション

  • 動画編集アプリケーション評価
  • 画像管理アプリケーション評価
  • プリンタドライバ評価

品質評価ソーバルの強み

テスト対象の条件・予算に応じて、適切なテスト戦略を立案します

お客様の目的にあったテスト対象の条件・予算に応じて適切なテスト戦略を立てることが可能です。

テストプロセスによる質の高さとコストカットの両立

  • テスト計画・設計のプロセスを重視し、テスト対象のプロダクトに最適なテストアクティビティを選定しテストを実行していきます。
  • 体系的に設計されたテストプロシージャによって、テスト対象を無駄なく、網羅的に、テストを行うことができます。
  • 網羅的なスクリプトテストと並行して探索的テストを実施し、重大欠陥の早期発見に尽力致します。
  • 膨大な評価項目に順位付けを行い、重大欠陥の早期発見を行います。
  • リリース直前に重大バグが発生し、修正コストが増大する、製品・サービスリリースが遅れるなどの事業損失を未然に防ぎます

レビューを効果的に実践した欠陥の早期発見

開発上流工程におけるレビューは、ソフトウエアの欠陥を早い段階で検出できる手段として有効です。 ソーバルは、欠陥の早期発見のためのレビューに注目し、研究とトレーニングを重ねてレビューを効果的に実践できます。

テスト自動化

Webアプリケーションを中心に多くの対象でテスト自動化の運用実績があり、コスト削減とテスト漏れ防止に貢献しています。

  • Selenium等を使ったWebシステム評価
  • Appium等を使ったモバイルアプリ評価
  • 各種スクリプトを使ったWindowsアプリ評価

資格

資格
  • JSTQB認定テスト技術者資格AdvancedLevel:3名
  • JSTQB認定テスト技術者資格FoundationLevel:147名

研究結果

HDR法:仮説駆動型レビュー手法の提案 (2013年発表)

ソフトウェア品質シンポジウム2013 Best Future Award 受賞

https://www.juse.jp/sqip/symposium/archive/2013/day1/files/ronbun_A1-2.pdf

重大欠陥を早期是正するレビュー手法 3 分割レビューの提案 (2014年発表)

https://www.juse.or.jp/sqip/workshop/report/attachs/2014/sqip3-d.pdf

欠陥パターンと検出テクニックを用いたレビュー手法の提案 (2015年発表)

https://www.juse.or.jp/sqip/workshop/report/attachs/2015/3_a1.pdf

レビュー会議の可視化により目的の曖昧さを明確にする手法の提案 (2017年発表)

ソフトウェア品質シンポジウム2017 SQiP Best Presentation Award 受賞

https://www.juse.jp/sqip/symposium/2017/timetable/files/ronbun_B2-2.pdf

作成者の認知バイアスに着目したレビュー手法の提案 (2018年発表)

ソフトウェア品質シンポジウム2018 SQiP Best Presentation Award 受賞

お取引先様

キヤノン、ソニー、富士通、伊藤忠テクノソリューションズ、DeNA 他

品質評価に関するお問合せ先