コーポレートガバナンス

基本的な考え方

当社はパブリックカンパニーとしての社会的責任を自覚するとともに、長期安定的な株主価値の向上を経営の最重要課題として位置付けており、関連法規及び社内規則を遵守する企業倫理を確立し、経営の透明性・効率性・健全性を高めてまいります。

当社での経営監視の仕組みとして、取締役社長直轄の内部監査室を設置し役職員の職務執行を監視する体制をとっております。また、経営の健全性・透明性を高めるために、コンプライアンス委員会を設置するとともに、コンプライアンスガイドラインを制定し、役職員に対する研修・周知徹底に努めております。

これらの施策・体制を取ることにより、コーポレートガバナンスの充実を図ってまいります。

(2019年10月10日更新)


PDFマーク がついているPDF形式のコンテンツをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。
詳しくはサイトポリシー(PDFについて)をご覧ください。